毎日更新される

edcijntgb.fruitblog.net

三國の攻撃パター

(2013/10/30 Wed)
まで全く目を向けていなかった分、待たせた分を何とかして返したいと思っていた。そのために優勝をして、僕達のこれからに、花を添えてやりたかったからだ。
 この決勝戦の後半は、ビハインドを背負ったことでその思いが高まり、僕を100%ゴールに集中させることとなった。最近僕の一番の能力といわれる『先読み』も、この試合で初めて使えるようになった。そして、最近精度が増していると言われる『先読み』だが、この試合の精度にはまるで及ばない。この半年、僕はこの試合の感覚を普段でも出せるように試行錯誤している。それくらいこの試合は、集中力が高まっていて、僕の限界以上の能力が発揮できた試合だった。
『またパスカットだ! サクライ、三國の攻撃パターンを完全に読んでいた! エンドウとワンツーパスをつなぎ、二人で三度ゴールに突進! さあ、このまま逆転ゴールを決めるか?』
 実況のボルテージが上がる。この時点で僕も、逆転を既に信じて疑っていなかった。
 しかし、僕は後ろから屈強なディフェンダーにスライディングをかけられ、しかも足を蟹鋏にされ、倒された。僕の体は勢いが付いていた分、強くピッチに叩きつけられる。
「うわっ……」
 あまりにひどいタックルに、ジュンイチが声を上げたポールスミスアウトレット

『あーっ! これは危険なプレーだ! サクライの足を両足で取るスライディング! サクライ、倒れたまま左足を押さえている! 大丈夫か?』
「こうして映像で見ると、ひでぇタックルだ」
「ああ、結局この試合、三國が勝つんだが、このタックルで完全に三國は悪者になっちまったな。優勝したのに、負けた俺達の方が騒がれる原因になっちまった」
 ジュンイチの言葉通り、このプレーで三國のディフェンダーはレッドカードで退場となり、埼玉高校は数的有利に立ったのだが、このプレーで負った足の痛みで、僕のプレーが先程までのようなキレを生み出せなくなり、結果流れがどちらにも向かないこう着状態を生み出すこととなった。
 担架で一旦ピッチの外に出された僕の足は、この時点で重度の捻挫と打撲を併発していて、医師からもプレー続行はまず無理と言われたが、僕は出場し続けた。埼玉高校に僕の代わりなどいない。僕を欠いたら、三國に一気に攻め立てられ、大差で負けることなど、誰が見ても明らかだった。
 お互いに余裕がなくなったことで、それからの試合はノーガードのシュートの打ち合いとなった。
ポールスミスのバッグ
三國高校は、3人がサクライにつきます。完全にサクライを潰す作戦です』
 この時は、何とか足の怪我の痛みを悟られないように必死にやっていたが、こうして自分で改めて映像を見ると、足の引きずり方や、表情の余裕のなさがよくわかる。この様子じゃ、怪我に付け込んで僕を潰しに来るのは当然だ。
 それからの試合は、僕が何度もボールを受けては、三國に潰され、何度もピッチに叩きつけられる光景の繰り返しだった。
『あ! サクライ、足を蹴られてバランスを崩した! しかしファールはない! 三國、ここからカウンターだ!』
 僕が倒れた時、スタンドからブーイングが起こった。
 三國の選手は全員で埼玉高校ゴールに攻めかかる。センターサークルを超えて、バイタルエリアに侵入し、そこからフォワードへスルーパスを送る。
『ああ! しかしもう既にサクライが戻っている!レディース財布
 ペナルティエリア深いところでスルーパスを拾い、クリア! スローインに逃れました! サクライ、怪我をした足で味方の最深部まで戻っていました』
 国立競技場の大歓声。
 それから画面は、膝に手をついて、肩で息をする僕の映像に切り替わる。それから、ひょこひょ




この記事へのトラックバックURL

http://edcijntgb.fruitblog.net/tb/?5270a4714e0c0

この記事へのトラックバック一覧




 画面の中の僕は

(2013/10/30 Wed)
スライディングで10番のサクライが、ゴール前でボールを奪い返した! そしてすぐさまボールを拾って、カウンターをかける!』
 画面の中の僕は、三國の選手をどんどんドリブルでかわしていく。2人、3人――
『は、速い速い! サクライ、強引なまでの中央突破! 一騎駆け! 味方ゴール前から相手陣地、約60メートルを、一人でボールを持ち運びます! ああ! これにはたまらず三國ディフェンス、ファールで止めてきました! サクライをスライディングで倒し、ゴールから約25メートルの距離で フリーキックを与えてしまいました』
「いきなりドリブルのリズムが変わったな。ありゃ対処できねぇよ」
 守備を得意とするジュンイチも呆れ顔だ。
 この大会、僕はフリーキックだけで4得点を決めていて、paul smith collection
「サクライに25メートル以内でのフリーキックを与えたら、失点を覚悟しろ」と、相手チームを恐怖のどん底に突き落としていた。
 僕の得意なキックは、鋭いカーブをかけて高い軌道から落とす、現在『ドラゴンダイブ』と言われる軌道のキックなのだが、画面の僕はボールにカーブを書けず、まるで弾丸のようにゴールに向かう、速い球筋のキックで、ゴールの最短距離にボールを叩き込んだ。
『ゴール! 開始まだ僅か2分で、埼玉高校、反撃の狼煙を上げる一発! 今大会、彗星の如く現れた小さなファンタジスタが、たった一人で強豪三國から豪快なゴールを上げました!』
 歓声に沸く埼玉高校ゴール裏の応援団の嬉しそうな表情の後、テレビの画面には、周りを見渡して、何かを怒鳴っているような僕の表情が映される。
「はは、この時ケースケ、しっかりしろ! って怒鳴ってたんだよな」
 ユータが僕の表情を窺う。
「しかし、さすがにあれ見たら、気合も入ったよ」paul smith アウトレット

 その言葉の通り、この一発を機に試合の流れが変わり始めた。
 表情の変わったジュンイチが、三國からボールをむしり取り、僕にパスを出す。
『また抜いた! 高校ナンバーワンの三國ディフェンス陣が、ボールに触れることも出来ない! 圧倒的なスピードと、強引な突破に、全て振り切られます! あの小さな体で、屈強なディフェンスにプレスをかけられても、びくともしません!』
 そのまま僕はドリブルで持ち込み、前方で前を向いているユータが手を上げているのを確認し、スルーパスを出す合図を眼で送る。僕が蹴り出すと同時にユータは相手ディフェンスの裏へ走り出し、ディフェンスを振り切りながら、僕の出したパスをそのままゴールへ流し込んだ。
『ゴール! なんと埼玉高校、後半開始僅か5分で試合を振り出しに戻しました。今大会ゴールを量産した、ヒラヤマ、サクライのコンビ、この2人はさすがの三國も止められないか?』
「しかしこの試合のケースケは、本当にすごかったな」ポールスミスバッグ

 テレビの画面に釘付けになりながら、ユータが言った。
「この大会が始まった時から、急にプレーのキレが格段に増したが、この後半はもう一段階ギアが上がった。すごい豹変振りだったぜ」
「……」
 実は僕は、この試合に関して、覚えていることはほとんどない。
 この全国大会の、ほんの数日前――僕の心はシオリによって救われた。心が自由になったことで、重かった体は一気に軽くなり、散漫だった脳の動きも活性化していた。
この大会中、僕は、今までの感覚が、そんな生まれ変わったような自分の体に追いついておらず、なかなか上手く自分をコントロールできずにいた。
 だが、それでも僕はこの大会、勝つことにがむしゃらだったように思う。
入学した時からずっと、僕を信じてくれていたユータやジュンイチに、今




この記事へのトラックバックURL

http://edcijntgb.fruitblog.net/tb/?5270a264f1d25

この記事へのトラックバック一覧




プーマ 店舗

(2013/10/25 Fri)
かったかもしれないが、彼女の性格だから、僕を拒絶したら、僕が傷つくと思ってしなかったのだろう。学校で「ああ」か「何か用か?」しか言わないクラスメイトと、こんな店で二人きりなんて、本当なら逃げたくてしょうがなかっただろうに。
 例えば僕が、理由もわからないままユータ達から拒絶を受けたら……
 ――ダメだ。僕は一人でいることがあまり苦痛じゃないから、そんな苦しみはリアルに想像できない。
 でも……
 嫌な気分になることは確かだ。自分が何をしたか、疑心暗鬼に陥るだろう。謝ろうにも、バーバリー ワンピース
そんなチャンスすら与えられず、いつまでも心に痛みが残るんだ。それくらいのことは、僕にだってわかる。
 僕は彼女の泣き顔をみて、息をつきながら、不思議と穏やかな気持ちを感じていた。
「――僕には君がわからないよ」
「え?」
彼女は涙を手で拭って、顔を上げた。
「そんな泣き虫なのに、何で成績学年トップだなんてタフなことができるのかってな」
 そう言って、僕は自分のポケットからポケットティッシバーバリー コート レディース
ュを取り出し、一枚出して彼女に渡す。
「ハンカチなんて気の利いたもの、持ってないからな」
 僕が言うと、シオリは本当に可笑しそうに、まだ目に涙を残したまま笑うのだった。
Snoring

 雨のせいもあって、シオリ以後の客は、片手で数えられるほどしか来なかった。天気予報が見事に外れ、僕はずぶぬれになって家に帰り、リュートを檻に入れ、服を洗濯機にそのまま放り込んで、スイッチを入れた。風呂に入ろうと思ったが、母親がさっきのことでの腹いせか、ご丁寧にお湯を抜いていたので、もう一度シャワーを浴びて、冷えた体を温めた。僕はトレーナーに短パンをはいた。これが僕の寝具だ。
 台所でコップ一杯の麦茶を一気に飲んでから、リビングの奥の廊下を抜ける。そこからはドア一枚隔て、増改築した空間だ。細長い廊下に入ってすぐ右がトイレと洗面所、奥は父と母の部屋、そして左が僕の部屋兼、家の物置だ。
 廊下には、加齢臭と安酒の臭いがかすかに残っている。両親の寝室から、ドアを隔てて父のいびきが聞こえてくる。まるで地鳴りのようだ。恐らく僕の部屋にも響くことだろう。
 そして、今父がいびきを掻いているという事は、つい最近のご帰還だったということだ。父がいびきを掻くのは、眠りについてから、約一時間の間だ。
 別に珍しいことじゃない。むしろ、家にいる方が珍しい。ヴィトン バッグ 人気
父は自営業のくせに、週に五回は、夜、家にいない。そして、いつも決まって夜中のとんでもない時間に帰ってくる。
 父は、友達と飲んでいる、と言っている。その上、この商店街の会合やら、地域のクラブの会員などを引き受けているから、忙しい、と言っている。
 僕にとっては、別に理由なんかどうでもよかった。これだけ家を空けていれば、どう繕っても、明らかに不自然だ。浮気をしていたって不思議ではないだろう。あの出っ張った腹に、薄い頭、油の浮いた顔、月に片手で数えられるほどしか風呂に入らない体質を考えれば、考えにくいが。
 だからと言って、僕は親父が浮気をしていようがしていまいが、あまりそういうことに興味はない。むしろ、浮気が原因でこの家が離散すれば、僕にとっては決して悪い話じゃない。この店の経済状況と、僕の成績を考慮して、裁判の場で僕の学費保障とか、僕にとって有利な条件が提示されるかもしれないし、浮気だろうが不倫だろうが婦女暴行だろうが、好きにすればいい。
 まあ浮気をしてるかはともかく、親父が何かと理由をつけて、家を出るのには理由がある。自分の母と妻の喧嘩に巻き込まれたくないのだ。一家の大黒柱は、僕達の大




この記事へのトラックバックURL

http://edcijntgb.fruitblog.net/tb/?526a1227e3a6f

この記事へのトラックバック一覧




プーマ 靴

(2013/10/25 Fri)
怪訝な表情で僕を見ている。しかし、嫌悪感を表しているというよりは、戸惑っている顔だ。彼女だって僕と話すのが久しぶりで、若干困惑しているようだ。
「……」
 沈黙。
「別に僕は君の事を嫌いなわけじゃないさ」
 慣れないことをして招いた沈黙にじれて、わけのわからない言葉が口から漏れた。miumiu アウトレット
どうしよう、立て直さねばならない。
「その、僕は単に気分屋なだけでさ。あの、人と話すのも得意じゃないし……」
 後半の声は、消えるようにか細くなった。普段ほとんど人と話さないため、僕の語彙ではアドリブで話すには、ワンセンテンスが限界なのだ。
「とにかく、僕のことを気にするのは時間の無駄ってこと」
 人と話すのが苦手な僕は、強制的に話を完結させる術を身につけた。僕はよくこの手を使う。そしてこの手を使うと、慣れないことを無理にやった反動が心を覆うのだ。
 自然と伏目がちになる僕を、彼女の安心した笑顔が見つめていた。
 沈黙。
「あ、雨……」
「え?」
 彼女に言われ僕は外を見る。いきなりの大雨だ。店の横、ガラス越しに見える雨樋の端から、miumiu 店舗
既に水がじゃぶじゃぶと水道をひねったように溢れ出ている。このあたりの瓦屋根を模倣したと言っても、サッシ製の瓦屋根には雨の打ちつける音はぱらぱらとよく響いた。
「――雨か」
「……」
 五秒。
 僕は黙って店の裏へ行き、傘立ての、客の忘れ物として大量にストックしてある中で、一番状態のよさそうなビニール傘を引っ張り出して来る。そしてまた店に戻り、カウンターを出て、レジの前で立ち尽くす彼女に差し出した。
「持っていきな」
「え? いいの」
彼女は目を少し見開くように、miumiu キーケース
そして僕の顔を見る。
「あぁ、裏にいっぱいあるんだ。このままあっても埃かぶって使えなくなるだけだ」
「でも……コンビニって傘も売るんでしょ? タダであげたりなんかしたら、店長さんとかに怒られるんじゃ……」
「風邪をひくな、と僕に言ったのは君だろ」
 僕は彼女の言葉を遮った。
「じゃあもし君が金を持っていなかったら、この雨の中、僕は持たせる傘があるのにそれを渡さずに君を外に放り出すことになるだろ。その時僕はなんて言って君を見送ればいい」
「……」
「それに君に風邪をひかせて治療費を払うよりも、傘を奢った方が安いからな」
「……」
 彼女も僕の目をじっと見ていた。
 また沈黙。
「――すまない。こんな言い方しか出来なくて」
 あぁ、何でこんな――言いたいことは、こんなことじゃないはずなのに。
 はぁ、と、僕は反射的に左手で後頭部をかいた。
「……」
 ざぁぁぁぁぁ、と、屋根を叩く雨音。僕は傘を差し出したまま、コンビニ内にエンドレスに流れるDJ放送と、雨音に包まれて、僕達はまるで世界に取り残されたように固まっていた。
「――ありがとう」
 柔らかな女の子の声がした。僕は顔を上げる。
 差し出した傘の柄を、マツオカシオリが握り、笑顔を見せていた……
 けど――
 眦から、ぽろぽろと涙がこぼれていた。安堵したように微笑みながら。
「おい……」
 目の前の光景が理解できず、僕はただ、声を漏らすしかできなかった。
「……ごめんなさい。なんか、安心したら急に……えへへ」
「……」
 そうか、僕は彼女を拒絶したことに理由があって、その理由に彼女は関係のないままで。でも彼女はその理由がわからないまま僕に拒絶されていたんだ。
 そんなことをされた気分はどんなものだろう。今まで考えたこともなかった。
 もしかしたら、彼女はコンビニに入ってきた時点で、不安でいっぱいだったのだろう。僕の存在に気付いて、逃げ出した




この記事へのトラックバックURL

http://edcijntgb.fruitblog.net/tb/?526a120b2c0b3

この記事へのトラックバック一覧




かばん 通販

(2013/10/25 Fri)
校で一番彼女と一緒にいる空間が長い、という理由だけで、僕のオッズでの下馬評は上昇した。僕のオッズは三冠馬ばりに高騰し、オッズが2倍を切ってしまったのだった。
 このままじゃ賭けが全然面白くない、ということで、そのオッズを考えた連中が20人くらいで僕のところにやってきて、言った。
「彼女はうちの学校のアイドルで、高嶺の花の奴も多い。お前はそんな奴等から鑑賞の権利も奪うのか。あまり彼女に近付きすぎないでくれないか」
 鑑賞というか、単に俗っぽい下品な目で見ているだけだろう、とか、だったら賭け自体をやめればいいんだ、と思った。だけど僕はそれ以上に、自分がそんなことに巻き込まれることの煩わしさから、そのオッズを運営する奴等に、連中の要望を遵守するという誓約書を書いた。今年の春のことだ。
 だから2年になって、彼女とこうして話をすること自体が初めてかもしれなかった。1年の時はちょっとした会話や、テスト範囲の確認などの会話も交わしていたが、最近ではそれさえもなくなってしまった。よく授業をサボる僕に、彼女は善意でプリントを届けたり、評価対象の小テストがあるなどと教えてくれるが、僕はつっけんどんに「そうか」と答えるか、返事もしないようになっていた。おかげでその裏のオッズは僕の名前も残っているものの、僕は本命の座からはずれ、賭けとしての様相を保つようになった。
 だから、彼女と会話すること自体が久しぶりで、僕はさっきから彼女に何を言っていいのかわからなかった。
 あのオッズのことを彼女は知らない。だから彼女は僕に突然避けられた、バーバリーブルーレーベル
と思っていても不思議はない。だけどオッズの存在を知らせたところで、彼女の心労が増えるだけだ。何度かストーカーまがいの被害も受けている彼女にそんなことを教えるのは、あまりに不憫だ。かといって自分が何故彼女を避けたのか、オッズの存在なしでそれっぽい嘘が思いつかない。
「やっと普通にサクライくんと喋れた……」
 震えるような声が、沈黙を破った。
「え?」
「だって私、サクライくんに嫌われたんだと思ったから。こうして会話できて、今、ちょっとほっとしてるの」
 彼女は本当に、ある種恐怖から解放された時のような、強張った笑顔を見せた。
Umbrella

「……」
 そうか、そういうものか。僕なんか人と喋らなくてもいバーバリープローサム
られてしまうけれど、人はそうじゃないんだ。僕が一方的に彼女を避けたけど、それを彼女がどう捉えたかということを、今まで考えたことがなかったから、そういう気持ちに気付かなかった。
 ただ人と話すのが苦手な僕でも、彼女がこうして久々に僕と話したということを覚えてくれた、そしてこの曇った表情――それだけで彼女に対して、不憫な気持ちが胸を満たした。それは普段あからさまに彼女を避けている僕自身の罪悪感も含まれていたのかも知れないけれど、こんな時くらい彼女に気の効いた台詞のひとつでもかけてやりたかった。
 だけど、考えているうちに彼女はレジカウンターに商品を置いていた。冬限定のムースチョコのポッキーだ。彼女は限定版を試すということは、かなりの甘党であると思った。
「これ奢るよ」
「え?」
鞄から財布を出しかけていた彼女は目を丸くした。
「テープでいいだろ」
 僕はセロテープをバーコードに貼って、バーバリー メンズ
彼女の前に差し出した。彼女は少し迷ったようにそれを受け取った。
「そんな顔するなよ。いつもプリント届けてくれたりしてくれてるし、たまにはな」
 何言ってるんだか。これが彼女への思いやりだとしたら、150円出すのが思いやりか。押し付けがましいにも程がある。
 案の定、彼女は




この記事へのトラックバックURL

http://edcijntgb.fruitblog.net/tb/?526a11d88c0ab

この記事へのトラックバック一覧




All Rights Reserved iBRIDGE Corporation.